激安電動ライン巻き取り機を作ってみた

去年まではエサ釣り主体だったのでリールやラインはそんな性能の高いものでなくても十分でした。今年はルアーフィッシング中心になり、いままでぞんざいな選択をしていたラインも性能の高いものへ切替つつあります。どちらかといえば安いラインを交換頻度をあげるという手法でした。ルアーフィッシングを重ねていくと性能の高いほうが伝わる情報が多くなってくるということがわかるのですが悩みのタネはコスト。

いままで愛用していたJラインを卒業し、ナイロンならGT-RピンクセレクションやGT-R N-Spec Limitedの4lbs、PEならバリバス アバニジギング10x10 MAXパワーX8の0.8号を使っています。しかしながらコストはJラインの数倍かかるためJラインなみに交換していたら破産してしまいます。またラインの太さごとにリールや予備スプールを購入したりラインを変えるたびにラインを捨ててしまってはたまりません。

昔、高校の時の国語教師が「パンツは前後裏表つかえば4回はける」と豪語していたのを思い出し、4回は無理にしてもラインを逆に巻き直せば単純にコストは半分。100m巻いても使うのはその半分程度でしょうから大丈夫。

ラインをリールから全部取り外して、それを別の空スプールに巻き直せば逆からリールへ巻き直すことができます。問題は100mぐらいなら根性でいけそうですが200mぐらいになるとさすがに手動ではつらかろう。高速リサイクラーがあれば簡単なんでしょうけど微妙な価格。そこで電池とモーターさえあれば電動化できるのではないかと調べていたらすでにダイソーのハンドミキサーで電動化されている動画があるじゃないですか。

DIYでパーツを購入すれば高速リサイクラーより安くはできると思いますがダイソー150円にはかないません。

ということでダイソーで早速購入。動画だとホワイトですが私が行ったところではブラウンしかありませんでした。中身は同じなのでまったく問題なし。

詳しいつくり方は動画をみてもらうとして、これは便利ですね。トルクが弱いのでなにかに引っかかるとすぐ止まってしまいますがリールからラインを巻き取るためだけの使い方なので必要十分。手巻きでやるよりははるかに効率的。

さらにモーターを交換して高速化されていますがノーマルでも十分。毎回使うわけではありませんが大活躍しています。最初に使った初号機は電池をいれたまま適当にしまったせいか電池を入れなおしても動かず早々にリタイヤ。2号機がすぐに登場しますが150円なら安心して(?)壊しても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。