黒川ダム(黒川砂防堰堤)調査

黒川ダムの入漁看板(2020年6月の写真)

3連休も梅田湖で釣りをしていましたがなにも釣れません。コイを釣ると宣言していながらコイも以前ほど姿を見せなくなり6月に見に行った黒川ダム(黒川砂防堰堤)を見に行きました。6月に行った時(その時の記事はこちら)は人はいませんでしたがどうなっているのか気になっていました。

先日、桐生市立図書館で借りた「迷わず行けるぐんま釣り場ガイド最新版」(といっても平成16年発行)にも載っており、思い出したように行ってきたしだいです。

減水の黒川ダム
減水の黒川ダム

結論からいえば水がほぼありません。まさに池の水を全部抜いた状態。昨年は両毛漁業さんがこの時期にヘラブナを放流したようなので少しは期待しましたが釣りどころの状態ではなさそうです。在来種だけでなく外来種も絶滅したのでしょうか? 昔はよく行ったよという地元の方もいたのですが残念です。

黒川ダム近景
黒川ダム近景

近くによってみました。調子にのってそのまま進んだら泥にはまって出られなくなりそうにも。これが普通のダムなら水没した家や車がでてくるかもしれません。ここで出てきたのは水没していた釣り台が二つあるぐらいです。

この近辺は工事中のようなのでそれも関係あるのかもしれません。また釣り場として復活するといいですね。6月のときの様子をのせておしまいです。

黒川ダムの通常時
黒川ダムの通常時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です