令和3年度両毛漁業協同組合入漁証年券を購入

令和3年度両毛漁業入漁証年券

2月末で入漁証の期限が切れますので上州屋足利店にて令和3年度両毛漁業協同組合入漁証年券を購入しました。昨年は最初に雑魚券、9月に梅田湖の券を別々に購入してしまったので割引が適用されませんでした。今回は最初から両方を購入。桐生川周辺の管轄は両毛漁業協同組合で入漁券の概要は下記の通りで大きく、「場所」「魚種」「漁法」によって3つに分かれます。

管轄場所
・桐生川とその支流
・梅田湖
・渡良瀬川本支流
  アユ ー 桐生川と渡良瀬川合流地点から高津戸ダム下流まで
  アユ以外 ー 桐生川と渡良瀬川合流地点から群馬県と栃木県の県境まで

お気づきかもしれませんが渡良瀬川の一部は群馬漁業協同組合の管轄とかぶっています。例えば草木湖や渡良瀬川貴船家康などが該当します。以前、両毛漁業さんに電話で確認したところどちらかの入漁券をもっていれば大丈夫とのことです。また梅田湖に関して「梅田湖の入漁証」が必要な場所となっています。

魚種
・アユ
・雑魚(アユ以外、イワナ・ヤマメ等はこちらに該当)
 魚種によっては禁漁期間があります。
 イワナ・ヤマメ・サクラマス ー 9月21日~2月末
 アユ ー 12月31日~解禁日(生育状況によって解禁日は漁協が都度決定)

漁法
「釣り(エサ釣り、ルアー・フライ・毛ばりなど)」と「投網」にわかれますが普通の方は「釣り」なのであまり気にしなくてもいいでしょう。

入漁料は上記組み合わせで決定します。私の場合は
・梅田湖とその他の場所
・雑魚券(※つまりアユ券は購入せず)
・釣りのみ
の組み合わせで 雑魚8000円+梅田湖8500円=16500円 となり、同時購入割引500円が適用され合計16000円(税込)でした。5月以降に購入するとそれぞれ500円ずつアップしますので注意が必要。

令和3年度チラシ

令和3年度両毛漁業協同組合のチラシを貼っておきます。渡良瀬川にはキャッチ&リリース区間(C&R区間)が存在しますのでご注意を。2021年の梅田湖特別解禁日は3月28日です。この日はキャッチ&リリース限定で遊漁料が別に必要で要予約になります。

令和3年度群馬漁協協同組合放流予定

令和3年度群馬漁協協同組合のヤマメ・ニジマス放流予定表ももらってきました。渡良瀬川は両毛漁業協同組合の入漁証でも釣りができるからです。貴船家康にはいったことがあります。なぜ「家康」なのか調べてみようと行ってみたら一目瞭然でした。

クスリ湯家康

現在は廃業ですがクスリ湯家康があった場所なのでそう呼ばれているんですね。なぜ家康と命名したかは不明ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です