桐生川支流中川釣行記 2020-06-28

中川と書いてなかっかわと呼ぶ

 桐生川支流の皆沢川(かいざわがわ)のさらに支流の中川(なかっかわ)に行ってきました。国土地理院の地図を眺めていると支流の割にかなり川が長いので気になっていました。皆沢川は梅田湖(桐生川ダム)へ流れる桐生川の支流で梅田大橋を渡り、県道66号桐生田沼線を田沼方面沿いに流れています。以前、皆沢川で少し釣りをしましたが平坦な川で砂や砂利が多く、小さいヤマメが1匹釣れただけでした。皆沢川は皆沢地区(庚申橋のあたり)にたどり着くと民家のそばを流れる里山の川となり、両側が護岸されているようになります。中川は庚申橋から北上し、ちょうど桐生市と佐野市の境を流れています。

皆沢林道の土砂崩れ

 庚申橋を起点に中川に入ると皆沢林道となります。皆沢林道は皆沢川に沿っておらず中川林道というほうが正しい気もしますが皆沢林道です。数件民家をパスすると未舗装道路になり地図だとかなり奥まで林道が続いていますが途中土砂崩れのため通行止めとなります。バイクでも難しいとおもうぐらいの土砂です。とはいっても徒歩ならいけるのでクルマを止めて歩きます。

 林道自体は広いのでかなり歩きやすいのですがさすがにこの時期は暑いですね。皆沢川と同じように高低差がなくずっと平瀬が続きます。餌釣りだとこういう平瀬は釣りづらいの30分から1時間歩く覚悟で林道を登ります。

皆沢林道遮断器

 30分ぐらい歩くと遮断器にたどり着きます。このあたりからようやく堰堤や淵などが時折見えてきますので途中で川に入る誘惑をおさえてさらに歩きます。川は林道に沿っていましたが降りられる場所は下流部は多いのですが上流に向かうと切り立っているところがおおく場所が限られてくるようです。

オバボタル

 汗だくになりながら途中休憩をしているとホタルと思しき虫がいました。こんな山奥にホタルがいるとは思っていなかったのであとで調べるとホタルはホタルでもオバボタル。日本全国にいるようですがほとんど光らないホタルでした。

ヤマメ1匹目

 小一時間歩いたところで川に降りて竿をだすと1投目でアタリがありました。かなり油断していてバラします。最初のポイントというよりは最初の1投目でしたから。これは魚影が濃いのかと期待をふくらませますがそのあと1時間近く反応なし。仕掛けが短いチョウチン仕様ですが木に引っ掛けるケースが多くて難儀します。そしてようやく釣れた1匹目は10cmクラス。

ヤマメ2匹目 22cm

 2匹目のヤマメは22cmとこのあたりの沢ではかなり大きいサイズ。この中川はイワナではなくヤマメのようですね。

 ふだんイワナばかり釣っているとヤマメのポイントが微妙に異なるので戸惑います。だんだんと渓相がイワナ向きになってきますが釣れるのがヤマメだと少しやりにくいです。

水中カメラでの様子

 途中で先日購入したウェアラブルカメラで水中を撮影してみました。水中撮影をするとスマホとカメラの連動がうまくできないため適当にとってみたらヤマメが映っていました。カメラだと逃げないものですね。調べるとアンテナケーブルを使えば水中撮影でもカメラとスマホを連動できるようなので今後トライしてみます。

Newby ブラックティー&タイムとロールケーキ

 今日はなぜか紅茶とロールケーキを持ってきています。朝、町内一斉清掃があったので出発が遅く、いつもの紅茶と弁当ではなく紅茶とオヤツにしました。紅茶はNewbyのブラックティー&タイム。ハーブティーの一種ですがカモミールやミントのような清涼感のあるハーブではなく苦みを感じるような重厚感があります。

 ロールケーキは昨日の残りもので桐生市三吉町にあるクッキー・ケーキのお店EATで買ったもの。冷蔵庫から出して時間がたっているのでかなりいい感じで生クリームがとろけています。購入したのは期間限定のメロンバナナロールケーキです。

クッキー・ケーキのお店 EAT
営業時間 午前9:30~午後6:00
定休 不定休
住所 〒376-0005 桐生市三吉町2丁目6-5
TEL 0277-45-1616

 ここまで6時間経過。大小あわせて6匹。(1匹は写真を撮り忘れ)エサがつきたのとこの時点で16時なので帰り時間を考慮して川の途中で納竿しました。中川は意外と釣れたという印象です。この先の上流部もまだ攻められそうなので次回にとっておきましょう。

源氏屋敷跡

 帰路は林道に沿って帰ります。途中、広い場所があったので帰ってから調べるとここが源氏屋敷と呼ばれる字名で明治から昭和30年代まで二階建ての湯屋があったようです。忍山温泉といい、今では考えられないですね。

ヤマメ7匹目

 帰り道、釣っていないエリアでいったん沢に降り、竿をだすと平瀬で1匹釣れました。下流部でもいけるかもしれません。ただし瀬が多いので餌釣りよりはテンカラやフライ向きかと思います。

 最後にクルマにもどる直前に音がするので横をみると鹿が一頭斜面にいて驚きました。このあたりの鹿は人をみると逃げていきます。先日も忍山川沿いで二頭の鹿に出会いましたが一目散に逃げていきました。一瞬クマかと思いましたよ。

 せっかくなので帰りは庚申橋に駐車して皆沢地区を散歩。皆沢川の上流へ向かって少し歩いてみました。橋の上からヤマメと思しき影が泳いでましたが両岸が護岸されているので釣りにくそうです。

桔梗とつぼみ

 人の気配がしない皆沢地区を歩いていると道路沿いに桔梗が咲いていました。あらためてみると桔梗のつぼみって面白い形をしていますね。花の中に虫さんがお邪魔していました。最初は桔梗ではなく竜胆(リンドウ)だと勘違いしていました。なにせずっと林道(リンドウ)を歩いてきましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です